農園オーナーシップ


ハワイ コナコーヒー

日本未販売!2オンス:コナコーヒー&ティー、シングルエステート、100%コナミディアムロースト。:FIPST PLACE WINNER 2018コナコーヒー文化祭クラウン部門

¥2,100

¥1,800

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

農園オーナーシップとは、昨今の農家の後継ぎや少子化の影響により農家の事業の継続は年々厳しい状況になっております。

そこで農園のオーナーシップ制度を活かし、後継者の育成や若年層の雇用を広め、野菜やお米や穀物類や様々な農園ビジネスに力を注ぎます。

販売中


コナコーヒー農園


 アメリカ合衆国の州では、ハワイ州がコーヒーを商業ベースで生産している唯一の州であり、ホワイトハウスでもコナコーヒーが使われることもある。

なお、日本企業でも、UCCドトールコーヒーがコナコーストで観光農園を経営している。

嫌味のない酸味を持つ。ブレンドに用いると良質な酸味が与えられると言われる。ブルーマウンテンに次ぐ高価な豆で、偽物も多い。高価な理由は、希少価値というよりも、コーヒー豆の原産国のうち、唯一先進国のため、人件費・土地代などの費用が高いためと言われている。高価なため、基本的にはブレンドされているので、配合比率を確認することが推奨される。

ハワイではこのほかに、カウアイ島マウイ島でもコーヒーが作られている。


ハンドピック


ハンドピック植え付けから3年後、1月から5月の間に繊細な白い花が現れます。これらの甘い香りの花は愛情を込めて「コナの雪」と呼ばれています。明るい緑色のチェリーが生まれ、夏の太陽がチェリーを赤く育てると、私たちは熟れた実だけを手で収穫します。熟れたものだけを徐々に収穫するので手間はかかりますが、完璧なチェリーだけを収穫できます。


コナコーヒーの木


コナコーヒーの木コナコーヒーの苗木は、アフリカ産の台木にアラビカ種を接木し、減農薬によって育てられています。この方法はハワイの農産試験場で初めて成功した独自の栽培方法です。


オーナー様への特典


農園体験ツアー

20区画以上の購入者様にはコーヒー農園体験ツアーをご用意しております。ハワイ島のコーヒー農園で農作業体験、収穫した豆の加工、焙煎とコーヒーができるまでを間近に見て触れる楽しいツアーです。


コーヒーの木の販売

当社は植物栽培(コーヒーの木)を活用した地域社会の発展と経済市況に左右されにくい、「植物栽培区画(コーヒーの木)オーナー事業」をスタートさせました。雇用・所得の減少、年金の受給不安を迎えたこの時代の背景は、将来の生活資金だけではなく、現在の生活資金を補填するためのサービスが求められています。そのサポートをさせていただくのが、私たちの展開しているコーヒーの木販売「植物栽培区画(コーヒーの木)オーナー事業」でございます。

2018年カップリング賞受賞!


故田中角栄氏の御子息である田中京氏が運営に携わり、コナコーヒー事業の拡大・推進しております。


コーストショッピングセンター 74-5588 Palani Road
ハワイ州カイルア - コナ96740



近日販売予定!


とうもろこし農園


トウモロコシ(玉蜀黍、学名 Zea mays)は、イネ科一年生植物穀物として人間の食料や家畜飼料となるほか、デンプンコーンスターチ)やバイオエタノールの原料としても重要で、年間世界生産量は2009年に8億1700万トンに達する。世界三大穀物の一つ。

日本語では地方により様々な呼び名があり、トウキビまたはトーキビ(唐黍)、ナンバ、トウミギ、などと呼ぶ地域もある(詳しくは後述)。

コーン (corn) ともいう。英語圏ではこの語は本来穀物全般を指したが、現在の北米オーストラリアなどの多くの国では、特に断らなければトウモロコシを指す。ただし、イギリスではトウモロコシを メイズmaize)と呼び、穀物全般を指して コーン(corn)と呼ぶのが普通である。

トウモロコシは長い栽培の歴史の中で用途に合わせた種々の栽培品種が開発されている。雑種強勢(異なる品種同士を交配すると、その子供の生育が盛んとなる交配の組み合わせ)を利用したハイブリッド品種が1920年頃からアメリカで開発され、以後収量が飛躍的に増加した。また、近年では遺伝子組換えされた栽培品種も広がりつつある。

一般にトウモロコシの分類に用いられるのは、粒内のデンプンの構造によって種を決める粒質区分である[1]。種によって用途や栽培方法に違いがある。

甘味種(スイートコーン)(Z.m.L.var.saccharata)
食用の品種。茹でる焼く(焼きトウモロコシ)、蒸すなどの調理方法がある。
加工食品用の材料でもあり、例えばコーンフレークコーンミールなどの材料にもなる。種子に含まれる糖分が多く強い甘味を感じるが、収穫後の変質や呼吸による消耗が激しく、夏季の室温中では数時間で食味が落ちる。対策は低温管理の徹底か、収穫後すぐに加熱して呼吸を止めるなどである。
ベビーコーン(ヤングコーン)
生食用甘味種の2番目雌穂を若どりして茹でたもの、サラダや煮込み料理などに用いられる。
甘味黄色粒種
実が黄色の甘味が多い品種。
味来(みらい)
1990年代から出回った生食可能な品種の先駆け、平均糖度12度。
サニーショコラ
糖度15度以上、生食可能。
ゴールドラッシュ
実が柔らかく、糖度の高い品種。生食可能。
ミエルコーン
粒の皮が薄く、糖度の高い品種。生食可能。ミエルとは、フランス語で「はちみつのような甘さ」という意味を表している。
ピクニックコーン
味来の改良型で平均糖度が18度以上と高く、小振りな品種。生食可能。種苗会社では、火を通した後に冷やすことにより甘みが増加されることをPRし、火を通した後冷たくして食べることを推奨している[2]
甘味バイカラー粒種
実が白、黄色系など色が混ざった混合品種。
ハニーバンタム
アメリカより伝来、日本で初めに食された品種。その後、品種改良により「ピーターコーン」が登場して以来、生産が減少し市場流通より姿を消しつつある。
ピーターコーン
粒皮がやわらかく、糖度の高い品種。ハニーバンタムより軟らかく甘味がある。
ゆめのコーン
実が柔らかく糖度の高い品種。生食可能。
カクテルコーン
黄・白粒が混ざり(カクテル)、実が柔らかく糖度の高い品種。生食可能。
甘々娘(かんかんむすめ)
糖度が高く、生でも食べられる品種。時間経過による糖度の低下が遅い。しかし発芽率が低く、栽培の難しい品種でもある。
甘味白色粒種
実が白色で甘味が多い品種。
ピュアホワイト
白いとうもろこし(とうきび)や幻のとうもろこし(とうきび)とも呼ばれ、平均糖度17度以上とも謳われている。生食も可能だが火を通すと甘味黄色・バイカラー種に比べると食味はやや劣る。
雪の妖精
ピュアホワイトの進化型。平均糖度17度で生食も可能。
ホワイトショコラ


お問い合わせはこちら

0120-331-044